【千年まであと100年】千葉開府900年の900日前カウントダウンが開始されます!(2023年12月情報)

ご存じでしたか?実は、2026年6月1日は、千葉開府900年の節目でなんです!

その900日前にあたる令和5年12月14日に「千葉開府900年900日前カウントダウンセレモニー」 、そして、坂東八平氏・関東八屋形の一つに数えられる下総の豪族で、守護大名・戦国大名となった一族である「千葉氏」をテーマに制作した初の VR ゲーム「月星の記憶」の体験会が開催されるそうです!

それではイベントの概要をみていきましょう。

目次

千葉開府900年900日前のカウントダウンセレモニーは2023年12月14日の夕方、千葉市役所にて開催

千葉開府900年900日前「カウントダウンセレモニー」の内容

  • 出席者挨拶
  • 子どもたちによる カウントダウンボード除幕
  • 子どもたちによるメッセージ発表と貼付け
  • 記念撮影
  • 消防音楽隊によるクリスマスコンサート

カウントダウンボードには、子どもたちが描いた様々な形の数字が日数として表示され、また、皆さまのまちへの思いをメッセージにして装飾されています。デザイン協力は、西千葉に本社を置く「株式会社ZOZO」です。(※カウントダウンボードは、市役所1階に2026年6月1日まで設置します。)

消防音楽隊によるクリスマスコンサートでは、曲目「ジングルベル」「鎌倉殿の13人の主題歌(メインテーマ)」などが演奏されるそうです。

消防音楽隊コンサート

千葉開府900年900日前カウントダウンセレモニーの詳細

  • 日時: 令和5年12月14日(木曜日)17時15分~18時00分
  • 場所: 市役所1階 市民ヴォイド(イベントスペース)
  • 主な参加者
    • 市内の子どもたち
    • 千葉市長 神谷 俊一
    • 千葉市議会 石川 弘 議長
    • 千葉商工会議所 佐久間 英利 会頭
    • 千葉市を美しくする会 藤代 謙二 会長

千葉氏 VRゲーム「月星の記憶」について

VRゲーム「月星の記憶」の内容

VRゲーム「月星の記憶」は、千葉のまちの礎を築いた千葉氏の活躍の歴史を、フィクションを交えながら疑似体験するゲームのようです。

ゲームのあらすじは、

過去に千葉常胤らに討たれた恨みを持つ伝説の妖怪「九尾の狐」が千葉の歴史改変を画策。

時代の転換点に現れる九尾の狐を千葉常胤とともにプレイヤー達が力を合わせて防ぎ、正しい歴史や伝承を守るストーリー。
※仮想現実(VR)を体験できるゲームのこと。ヘッドセットと呼ばれるゴーグルをかけ、仮想空間内でアクションを楽しみます。

https://www.city.chiba.jp/identity/900_countdown.html

だそうです。なかなか興味深い内容ですね。

以下はゲームのイメージ画像および、ゲームに出てくるキャラクターデザインです。

ゲーム画面のイメージ

キャラクターデザイン(千葉常胤)

キャラクターデザイン(九尾の狐)

VRゲーム「月星の記憶」の体験会

  • 日時: 令和5年12月14日(木曜日)10時00分~17時00分
  • 会場: 市役所1階 市民ヴォイド(情報ステーション)
  • 参加費: 無料

カウントダウンボードには、子どもたちが描いた様々な形の数字が日数として表示され、また、皆さまのまちへの思いをメッセージにして装飾されています。

本記事の詳細

詳細な情報は、千葉市のHPを参照してください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

千葉大文学部を卒業したライターです。あらゆる西千葉情報をお届けします。

コメント

コメントする

目次