現役千葉大生(男性)が語る!「千葉大学の寮暮らし」の薫風寮(くんぷうりょう)での生活体験談レポート2020

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

はじめに

大学生になると、実家で暮らす学生、一人暮らしをしている学生、そして大学の寮で生活する学生と、生活の場がそれぞれ違ってきます。

今回は、千葉大学の学生寮で生活したことのある男子学生に、寮暮らしについてレポートしていただきました!

寮生活は共同生活です。これから寮生活をする人、寮生活と一人暮らしのどちらにするか悩んでいる人は、寮生活に対して不安と期待の両方があると思います。

学生寮をお考えの方は、寮生活経験者の体験談、ぜひ参考にしてみてください。

ある男子学生の寮生活体験談

皆さんこんにちは!

僕は千葉大学の寮で一年間過ごしたことがある学生です。

千葉大に進学しようとしている人や、進学が決まった人は、新たな大学生活に向けてさまざまな不安があると思います。その中でも地方から進学する人は、どこに住むかという問題がありますよね。

現在千葉大に通っており、一年間千葉大学の寮で過ごし、現在はアパートを借りて一人暮らしをしている僕が、千葉大学の寮に関する疑問に答えます!

千葉大学の寮ってどんなところ?

千葉大学には4つのキャンパスがあり、「西千葉キャンパス」「松戸キャンパス」「亥鼻キャンパス」「柏の葉キャンパス」があります。このうち西千葉、松戸、亥鼻の3つのキャンパスにはそれぞれ寮があります。

今回は基本的に最初の一年間通うことになる「西千葉キャンパス」の寮である薫風寮について紹介します。

西千葉キャンパスの寮「薫風寮」って?

西千葉キャンパスの寮は「薫風寮」という名前です。2016年に完成したので比較的新しい寮です。基本的に大学12年の2年間しか在寮できません。また定員は100人です。

▼「薫風寮」入口の写真
「薫風寮」入口の写真

入居の手続きは、千葉大学のページから確認ください。

https://www.chiba-u.jp/international/isd/jp/housing/kunpuryofacilityguide.html

「薫風寮」はどこにあるの?

千葉大の西千葉キャンパスはJR西千葉駅が最寄駅ですが、「薫風寮」の最寄り駅は、そこから一駅離れたJR稲毛駅です。

稲毛駅を陸側の東口に出て歩いて約10分くらいのところにあります。

所在地住所:〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台6丁目33−8

「薫風寮」の家賃や光熱費は?(2020年時点情報)

「薫風寮」の家賃は毎月31,000円で、これとは別に共益費も毎月2,000円かかります。

光熱費は寮全体の使用分を入居者全員で折半するかたちになっていて、僕がいた時には月にもよりますが大体5,000~6,000円くらいでした。稲毛や西千葉の一人暮らしの物件の家賃相場からすると割安なほうだと思います。

「薫風寮」の中はどうなっているの?

「薫風寮」の玄関はオートロックになっていて、管理人さんが常駐しています。基本的に中はとてもきれいです。五階建てになっていて、1~3階は男子のフロア、4~5階は女子のフロアに分かれています。

エレベーターと階段がありますが4~5階は女子しか行けないようになっています。

▼玄関から入ってすぐのところです。目の前の扉はユニットリビングの入口です。
玄関そばメージ画像

「薫風寮」には自分の個室はあるの?

「薫風寮」には、自分の個室があります。

各階にはユニットリビングと呼ばれる部屋がそれぞれ6つずつあり、玄関からつながっています。ユニットリビングにもオートロックがかかっています。

ユニットリビングはかなり広い部屋でソファなどがおかれており、ユニットリビングに各個室が5つずつあります。

「薫風寮」の個室はどんなかんじ?

「薫風寮」の個室は広さ3.5畳の部屋にベッド、デスク、ワードローブ、エアコン、冷蔵庫が備え付けてあります。正直狭いです。

収納はワードローブと、ベッドの中がが開くようになっています。わりと収納スペースはあると思います。ただ、あまりものを持ち込むのはおすすめできません。基本的に個室でできることはベッドに横たわるか、デスクの椅子に座るくらいです。

部屋イメージ画像

こちらは筆者が暮らしていた部屋です。(入居して間もない頃に撮った写真です。)

基本的に室内はできたばかりなのでとてもきれいです。洗濯物もベットの上の物干しざおにかけることができます。外には干せないので基本的に部屋干しになります。

「薫風寮」の共用スペースはどうなっているの?

「薫風寮」のキッチン、トイレ、シャワー、洗濯機はすべて共用です。共用なので基本的にはお互いにゆずりあって使います。

・キッチン
キッチンイメージ画像
こちらが「薫風寮」のキッチンです。キッチンは各階に2つずつあります。中はかなり広くてダイニングテーブルとテレビも完備してあります。

料理に使う食材は基本的には部屋に備え付けの冷蔵庫に置いておきその都度持ってくる感じです。ここで別の部屋の寮生と一緒に食事をして仲良くなったりもできます。

・洗濯機、シャワー
洗濯機、シャワーイメージ画像
この2つは同じスペースにまとまっています。左側の扉が各シャワーで奥が洗濯機と乾燥機です。

洗濯機と乾燥機はコイン式になっていてそれぞれ一回100円です。洗濯機は約30分かかります。また柔軟剤は残り15分くらいでランプが点灯するのでそのタイミングで入れる必要があります。

また洗濯に使う洗剤などもここには置くことができず、部屋に置いておく必要があります。個人的には洗濯ものを洗濯かごにためておき、ある程度たまったら洗濯をするという使い方をしていました。

脱衣場イメージ画像
シャワー室イメージ画像
こちらが脱衣場とシャワー室です。「薫風寮」に風呂はありません。僕は湯舟が恋しくなったら時々近くのスーパー銭湯に行ってました。

脱衣場で服を脱いでそのままシャワーを浴びる感じです。「薫風寮」のどの共用スペースにもいえることですが私物を置くことはできません。シャンプーやボディソープ、着替えなどはその都度持っていく必要があります。

ここで注意してほしいことが二つあります。

一つ目はカギを常に持ち歩くことです。特にシャワーを浴びるときにやりがちなのですが、カギを持ち出し忘れることがあります。「薫風寮」は個室につながるユニットリビングもオートロックなのでカギを忘れると戻れなくなります。ここ注意です。

二つ目はバスタオルを忘れないでください。僕はこのミス、けっこうやってました。泣く泣く体が乾くまでひたすら待ってました。気を付けましょう。

「薫風寮」の勉強スペース

勉強スペースイメージ画像
玄関から入ってすぐのついたてがあるスペースです。

勉強スペースイメージ画像

こんな感じの机がいくつか置いてあります。ここで僕はテスト前になると寮の友達と勉強していました。このスペースには卓球台もあって卓球をしている人もいました。友達と一緒に勉強できるので良いです!

「薫風寮」のその他設備など

「薫風寮」は、宅配ボックス完備です!不在でも荷物を届けておいてもらえます。何かと不在にしがちな僕にはとてもありがたかったです。

トイレは共用ですがとてもきれいです!共用スペースは大体外部から掃除業者の方が来られて常にきれいにしてもらえます。掃除がちょっと苦手って人でも安心です。ただ自分の個室には清掃は来ないのでそこは頑張りましょう(笑)

「薫風寮」入居にあたって

僕は地方から上京してきてほぼ最低限の荷物で、「薫風寮」に入寮しました。ここで僕が寮生活に必要だなと思ったもの、あるといいなと思ったものをまとめます。

・ベッド用の掛け布団、ボックスシーツ
必要です。僕はほぼ手ぶらで来たのであとから近くの稲毛イオンに買いに行きましたが、できれば持っていきましょう

・室内移動用のスリッパ
これも必要です。いちいちトイレなど行くのに下足に履き替えるのは面倒くさいです。

・洗濯ものをいれておくもの(洗濯かごなど)
洗濯ものをためたり、洗濯機のところまで持っていくのに必要だと思います。

・シャンプーなどをまとめておくかご
これもあったほうがいいです。

・ハンガー
これもいりますね。あればあるだけいいと思います。

・電気ケトル
部屋でカップ麺などを食べたいときにとても便利です。

・ドライヤー
これも寮にはありません。各自で持ち込みましょう。

あとは各自で必要だと思ったものを持ち込んでください。

まとめ

「薫風寮」は全体的に新しくてとてもきれいな寮です。初めての一人暮らしに少し不安がある人、みんなでわいわい過ごしたい人、千葉大で新しい友達が欲しい人、家賃を安めに済ませたい人、おすすめです!

入居にあたってさまざまな条件などがあります。詳しくは千葉大学HP学生寮をご覧ください。

▼参考URL:千葉大学HP 学生寮http://www.chiba-u.ac.jp/campus-life/facilities/dormitory.html

西千葉イベントカレンダー

MONTUEWEDTHUFRISATSUN

12
34567
YohaS 2024
8
YohaS 2024
9
10111213
14
15
16
1718192021
サウナ路上プロレス
2223
ロゴ作りワークショップ
242526
27
28
2930
古本市出店

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

千葉大文学部を卒業したライターです。あらゆる西千葉情報をお届けします。

PR広告

コメント

コメントする

目次