4/26オープン☆様々な文化やアートが体験できる「YohaSの寺子屋」(2024年4月情報)

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年4月26日(金)に、株式会社拓匠開発が企画した「YohaSの寺子屋」が新たにオープンします。

この施設は、同日に開園する「芝庭」という千葉公園内の新しい賑わいスポットに設置されており、多彩な分野の一流アーティストや地域に密着したクリエイターたちによる、普段の学校教育では触れることのできない文化やアートに関する様々な講座やイベントが開催される予定です。

目次

「YohaSの寺子屋」とは

「YohaSの寺子屋」では、経済的な背景に関わらずすべての子供たちに均等に学習の機会を提供することを目指しています。この時代における多様な生き方の中から自分に合った答えを見つけ出せるよう、子供たちが自己実現のヒントを得られる場所を提供します。

2024年4月26日の開業に続き、ゴールデンウィーク(4月27日から4月29日、5月3日から5月6日)には、開業を記念した特別な体験講座を開催します。この期間中に開催されるイベントは、参加費無料です。

ゴールデンウィーク中には、日替わりで様々なアーティストが芝庭と「YohaSの寺子屋」を舞台に、この期間限定の公演やワークショップを提供します。

5月7日(火)以降は、週に2から3回、様々な体験講座を定期的に開催する予定です。

「YohaSの寺子屋」でできる3つのこと

1)学ぶ

YohaSの寺子屋は、千葉公園の活気あるエリア「芝庭」内に設けられた、約16〜30名を収容できるコンパクトな施設です。ここでは、教師と子供たちが肩を並べ、密接に交流しながら学び合う環境を提供しています。教師が情熱を持って直接伝える内容と、子供たちが積極的に参加することで得られる知識や経験は、YohaSの寺子屋特有の学習方法です。

この小さな寺子屋が公園内にあることで、個々の参加者に対して、より密度の高い学びと交流の機会を提供することが可能になります。

2)使う

YohaSの寺子屋で行われる講座やイベントがない時間帯には、このスペースを有料でレンタルできる予定です。

モノレールの千葉公園駅から歩いてわずか1分の距離にあります。和室の空間は、掘りごたつ式または畳を全面に使った配置に柔軟に変更可能で、サークル活動や友人同士の集まりに最適です。

3)教える

このスペースは、個人的な利用だけでなく、講座や個展を開くのにも最適です。

長期的な使用や定期的なイベント開催にも対応しています。興味がございましたら、ぜひお問い合わせください。

「YohaSの寺子屋」の“YohaS”とは

毎年6月、オオガハスをテーマにした夜のアートフェスティバルが千葉公園で開催されます。これは、「夜間経済・文化活動の振興」を目指し、千葉公園の魅力を高めるイベントです。

今年の開催日は6月7日(金)と8日(土)で、テーマは「Japanesque -ジャパネスク-」となっています。

千葉市の宝とも言える千葉公園では、このイベントを通じて、老若男女が楽しめるアートパフォーマンス、ライトアップ、インタラクティブなデジタルアート、食べ物など、様々なアクティビティで夜の公園を活気づけます。

「YohaSの寺子屋」オープニングイベント詳細

■4月27日(土)
– 村田正樹(ムラタップ): タップダンス

■4月28日(日)
– ミナクマリ(minakumari): シタール演奏

■4月29日(月・祝)
– 近藤康平: ライブペインティング

■5月3日(金・祝)
– 村田正樹(ムラタップ): タップダンス

■5月4日(土)
– ハラグチヨシフサ: 打楽器・自然楽器演奏

■5月5日(日)
– 金子しんぺい: パントマイム

■5月6日(月)
– 下司尚実: 演劇・ダンス

■ワークショップ予約サイト
https://yohas-terakoya.rsvsys.jp/reservations/calendar/event 

「YohaSの寺子屋」オープニングイベント 出演アーティスト詳細

日にち:4月27日(土)・5月3日(金・祝) 出演者:村田正樹(ムラタップ)

高校時代にストリートダンスを始め、24歳で故郷の仙台でタップダンスに出会いました。

2006年から2017年までKaz Tap Companyで活動した後、現在はソロのタップダンサーとして活躍しています。ダンス、演劇、美術など様々な分野のアーティストとコラボレーションを行い、ミュージックビデオやコマーシャルにも出演しています。

また、全国の幼稚園や小学校、野外イベントで子供たち向けのタップダンス体験ワークショップを開催しています。

日にち:4月28日(日)出演者:ミナクマリ(minakumari)

シンガーソングライター兼シタール奏者として、CHARAやジェームス・イハ、ハナレグミなど多彩なアーティストと共演。そのスウィートな声とインドの古典楽器の融合から生まれる独特のポップスは、聴く者を夢のような世界へと誘う。彼女の奏でるサウンドは国境を超え、美しい夢世界を描き出します。

日にち:4月29日(月・祝)出演者:近藤康平 ライブペインティングパフォーマー/絵描き

1975年に生まれ、鳥取大学大学院の農学研修修士課程を卒業し、大学では森林学を専攻した。テレビ出演をはじめ、フェスティバル、ライブハウス、セレモニーでライブペインティングを行うパフォーマーとして活躍している。また、絵画の分野では、展示会、画集の発行、ファッションブランドへのデザイン提供、書籍の装丁、CDジャケット、舞台美術など多岐にわたり活動しており、その活動範囲は日本だけでなく、台湾、ニューヨーク、タイなど海外にも広がっている。

日にち:5月4日(土)出演者:ハラグチヨシフサ

彼の創作の触発は自然から来ており、特に水、森、山がインスピレーションの源です。ケニアやオーストラリアでの旅行を通じて、ジェンベやディジュリドゥなどのアコースティック楽器に魅了されました。彼は2005年に音楽活動を本格的に始めました。

2010年からは木製スリットドラムを中心に作曲活動を行い、2015年にはスノーピーク表参道店のオープニングアクトを務め、2019年には良品計画が主催する竹楽器作りのイベントに参加し、世田谷区の子ども児童基金の助成プログラムで音楽を通じた遊びを提供しました。2020年からはヨガインストラクターとのオンラインイベントや野外フェスにも参加。彼の音楽は、聞く人の心を和ませ、笑顔をもたらすことを目指しています。

日にち:5月5日(日)出演者:金子しんぺい

日にち:5月6日(月)出演者:下司尚実

振付師、演出家、そしてダンサーとして活躍し、自由なスタイルのユニット「泥棒対策ライト」を率いる。野田秀樹、近藤良平、小野寺修二らとの共同作業を通じて、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立し、シアタートラム・ネクストジェネレーションへの選出などで注目を集めている。多数の舞台において振付けやステージングで貢献している。

また、eastern youthの「ソンゲントジユウ」のミュージックビデオ出演、MISIAのライブツアーへの参加、長編戯曲の執筆、ミュージカルの演出など、幅広い分野で活動している。東京パラリンピックの閉会式では「AFTER THE GAMES」パートの演出を手掛けた。

「YohaSの寺子屋」の詳細情報

■住所
千葉県千葉市中央区弁天3丁目1-1
千葉公園賑わいエリア「芝庭」内

■アクセス
JR「千葉駅」から徒歩15分
千葉都市モノレール「千葉公園駅」徒歩1分

◆利用可能時間・定休日について
利用可能時間:9時~21時予定
最新情報は公式HPまで

◆ 各媒体のURL
YohaSの寺子屋公式 HP
https://www.yohas-terakoya.com

YohaSの寺子屋公式 Instagram (@yohas_terakoya)
https://www.instagram.com/yohas_terakoya

拓匠開発公式HP
https://takusho.co.jp/

西千葉イベントカレンダー

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
123
JAPAN JAM
4
JAPAN JAM
5
JAPAN JAM
6789
JRE BANK開始
101112
13141516
171819
20212223242526
272829
30
31

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

PR広告

コメント

コメントする

目次