千葉大学が学生や研究者に選ばれる大学に益々なりそう!未来のイノベーション拠点への変革を目指します(2024年5月情報)

当ページのリンクには広告が含まれています。

国立大学法人千葉大学(千葉大学長:横手幸太郎)は、文部科学省の「地域中核・特色ある研究大学強化促進事業(J-PEAKS)」に基づき、次の10年間で「本学の強みや特色ある研究領域において、学び、研究し、イノベーションを創出する場」として、国内外から学生や研究者に選ばれる大学になることを目指しています。この目標達成のための「研究力の向上戦略」およびそのための人材や研究基盤等の整備計画が昨年12月に採択されました。

この野心的な計画は、柏の葉キャンパスに整備中の「Biohealth Open Innovation Hub」を活用しながら、産学官連携・共同研究の施設整備事業と連動する形で進められます。これにより、大学改革そのものとも言える幅広い取り組みが効率的かつ効果的に実施され、千葉大学の中長期的な発展へと繋がることが期待されています。

この新たな段階への移行をリードするため、横手学長の下で全学的な推進体制が今年度から構築されます。「NEXT Decennium 研究戦略推進本部」及び「NEXT Decennium 研究戦略推進会議」が令和6年5月1日に設置され、大学ビジョンの実現に向けた取り組みが加速する予定です。千葉大学は、この大胆な一歩を踏み出すことで、未来のイノベーションを生み出す拠点としての地位を確立し、学術界と社会に大きな影響を与えることを目指しています。

目次

千葉⼤学の提案概要

 “世界に冠たる千葉大学へ”という高い目標に基づく「10年後の大学ビジョン」“強みや特色ある研究領域において、学び、研究し、イノベーションを創出する場として、国内外の学生や研究者に選ばれる大学”の実現に向け、世界的卓越性を追求し、以下の(ⅰ)を重点的に強化するとともに、(ⅰ) (ⅱ)のバイオ×健康領域のイノベーション創出を加速します。次に、それらの取組を横展開し、(ⅲ)、(ⅳ)を強化します。さらに、活動を学内に横展開し、本学全体の中長期的な発展を目指します。

「10年後の大学ビジョン」における強みや特色ある研究領域

(ⅰ) 免疫学・ワクチン学研究 (ⅱ) 予防医学研究 (ⅲ) 地球観測ビッグデータ統合解析研究

(ⅳ) ニュートリノが拓くマルチメッセンジャー天文学研究

主な具体的取組<下記参照>

【地域中核・特色ある研究大学強化促進事業の令和5年度採択大学及び取組内容等】

URL:https://www.jsps.go.jp/j-chukaku/saitakudaigaku.html

■上図の用語解説

情報・DS学府:2024年4月に千葉大学に新設された情報・データサイエンス学府。

NIH CHI:NIH Center for Human Immunology, Inflammation, and Autoimmunity

NIH NCATS:NIH National Center for Advancing Translational Sciences

JST/OPERA:科学技術振興機構/産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム

西千葉イベントカレンダー

MONTUEWEDTHUFRISATSUN

12
34567
YohaS 2024
8
YohaS 2024
9
10111213
14
15
16
1718192021
サウナ路上プロレス
2223
ロゴ作りワークショップ
242526
27
28
2930
古本市出店

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

PR広告

コメント

コメントする

目次